しわは化粧品で治す時代|おばさんなんて言わせない!

女の人

肌に優しい洗顔料

石鹸

合成界面活性剤不使用

洗顔は美肌の基本と言われています。しっかり毛穴の中に詰まった皮脂や汚れを洗顔で落とす事で、肌の調子を整えたり、黒ずみやニキビといった肌トラブルを予防できるのです。洗顔する際は、洗顔料を使うのが一般的です。洗顔フォームを使用している方も多いようですが、肌の事を考えたら洗顔石鹸を使いましょう。洗顔フォームには、合成界面活性剤という成分が含まれています。合成界面活性剤は水と成分の馴染みを良くする効果があり、洗顔フォームには必ず含まれる成分です。ただ、合成界面活性剤は肌質によって、肌に負担をかけてしまいます。合成界面活性剤を含む洗顔フォームで、毎日洗顔を行うとかえって肌トラブルを起こしてしまうケースがあるのです。一方、洗顔石鹸には合成界面活性剤は含まれていません。肌が敏感、乾燥しやすいという方に、合成界面活性剤を配合していない洗顔石鹸はおすすめとなっています。

洗顔ネットを使う

肌に優しい処方で作られている洗顔石鹸は、乾燥肌や敏感肌という方も、安心して使える洗顔料と言われています。洗顔は毎日行うものなので、出来るだけ肌に優しい洗顔石鹸を使う事がおすすめです。ただ、いくら肌に優しい洗顔石鹸であっても、しっかり泡を立てなければ洗顔の時に、肌を痛めてしまうので注意しましょう。洗顔料の泡が少なかったり、泡立ちが少なくクッション性が乏しいと、洗顔している際に肌が擦れてしまいます。すると、肌に必要な角質が剥がれ落ちたり、刺激による色素沈着といった肌トラブルが出来やすくなるのです。洗顔石鹸で洗顔する時は洗顔ネットを使い、しっかり泡立てましょう。洗顔ネットを使用すれば、洗顔してもへこたれない、クッション性の高い泡を作る事が出来ます。