しわは化粧品で治す時代|おばさんなんて言わせない!

女の人

まつ毛を長くできる

目もと

ボリュームアップができる

マツエクとはまつ毛エクステンションのことで、日本では2007年あたりから広がり始めています。現在ではキットが販売されており、自分でマツエクを気軽に行えるようになっています。マツエクの特徴としては、まぶたや皮膚に毛を取り付けるわけではなく、まつ毛の毛根から1〜2mmあたりの部分にエクステンションを装着します。装着するときにはグルーという接着剤を使用して、しっかりと固定するようにしましょう。カールのある人工毛を1本ずつまつ毛に取り付けていくことによって、まつ毛のボリュームアップを実現します。近年では束タイプのマツエクも登場しており、まつ毛に対して1本ずつ付ける必要もなくなってきています。お店でマツエクの施術を受けるときも、痛みはほとんど感じませんので安全性の高い施術として人気があります。

乾くまで気を付けよう

マツエクを自分で行うことで、節約しながら人工毛をまつ毛に付けて長く見せることができます。専用通販サイトなどでマツエクキットを購入したときには、説明書の指示に従って施術後には接着剤が乾く状態になるまで注意する必要があります。完全に接着剤が乾くまでには6時間ほどかかりますので、その間は出かけないことがおすすめです。どうしても外出しなければならないときには、まつ毛に触れないようにメイクをすることが重要です。接着剤が乾くまでの時間は、サウナや入浴なども避けておいたほうが良いです。風の強い場所に行くことや、汗をかく運動をすることなども行わないように注意しておきましょう。接着剤が乾いた後に入浴や洗顔を行うことが可能になりますが、強くこすらないように心がけることが大切です。